I.H.C. クリニック

ブログ

喫煙(Smoking)

少し古い記事になりますが、今回は喫煙に関してです。 2017年10月5日、東京都議会で「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が可決しました。 その後も喫煙に関しては、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年の東京五輪・パラリンピックを「たばこのない五輪」を目指していることから、受動喫煙に関して、新聞などで取り上げられているのをよく目にします。2017年6月19日付のJB Press の記事では...

続きを読む

アメリカ カリフォルニア州でインフルエンザが流行(Flu outbreak in California)

「薬局にはインフルエンザの内服薬がなく、救急外来には患者であふれ、死亡者の数が近年の数字を上回っています。」2018年1月6日付のLos Angeles Timesに掲載されています。 アメリカのカリフォルニア州では、多くの人がインフルエンザにかかっており、2017年10月からの統計で、65歳以下の年齢の方が27名亡くなられています。昨年までは10月から翌年4月の間でインフルエンザの患者数がピーク...

続きを読む

猩紅熱(Scarlet fever)

CNNニュースとBBCニュースがイギリスで猩紅熱の患者が増加しており、50年ぶりに2万人に達すると報告しています。猩紅熱はイギリスの他にベトナム、韓国、香港、中国等の東アジア諸国でも2009年以来増加の傾向が見られています。
猩紅熱は5歳から15歳までの子供によく見られ、A群β溶血性連鎖球菌という細菌よって発症し、紙やすりの様な見た目や肌触りの赤い発疹が首や顔に出来、その後胸の方に広が...

続きを読む

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 5

前回まで医療搬送についてブログでお伝えしましたが、今回は医療搬送の際に起こった出来事や感謝したことを述べたいと思います。  医療搬送を行うにあたって、関わって下さった全ての方々には感謝の気持ちでいっぱいです。特に最初に患者様の情報を入手してから実際に医療搬送を行うまでに状態が改善していると感謝の気持ちでいっぱいです。私が最初に関わったドイツの案件では、最初の情報では帰国時までにリハビリもまだで、介...

続きを読む

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 4

今回は、医療搬送の内容についてお話ししたいと思います。 医療搬送を行う際、2日または3日の日程で予定を作成します。 韓国や中国など近隣の国々から医療搬送を行う場合は、主に2日間で予定を作成します。 初日に現地までの移動と、現地到着後すぐに依頼主が入院している現地病院を訪れ、依頼主の方や現地病院の担当医師、看護師と面会します。 そして2日目に、医療搬送を行います。 北米やヨーロッパなど、長距離の医療...

続きを読む

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 3

前回のブログでは、医療搬送の依頼を受けてから契約までの流れをお伝えしましたが、 今回は契約に承諾して頂いてから、実施までの流れをお伝えしたいと思います。   医療搬送を行うにあたって、以下の準備が必要になってきます。 1. 現地の空港から日本の空港までの交通手段。 2.    受け入れ先病院の手配。 3. 現在入院している病院から最寄りの空港までの交通手段。 4. 日本の空港から受け入れ...

続きを読む

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 2

前回、医療搬送に関してブログに掲載しましたが、今回は医療搬送の流れを何回かに分けてお伝えしたいと思います。そして、このブログを読んでいただく事により、医療搬送が必要な時に、どの様な準備を行えばよいのか、ご理解いただければと思います。医療搬送の依頼をして頂く際に、以下の準備をして頂けると依頼してから医療搬送を行うまでの時間を短縮する事ができます。 医療搬送を行う際に一番重要な事は、現在治療を受けてい...

続きを読む

世界の糖尿病4億2500万人で過去最高(Number of Diabetes patients in the world reaches 425 million.)

国際糖尿病連合(International Diabetes Federation)が11月14日の世界糖尿病デーに合わせ、糖尿病アトラス第8版2017(Diabetes Atlas 8th edition)を公表しました。このアトラスによると、世界の成人(20から79歳の方が対象)糖尿病患者は4億2,500万人で、第7版が公表された時点での人数と比較すると1000万人増加し、2000年以降過去最...

続きを読む

インドネシアでのジフテリア感染(Diphtheria in Indonesia)

12月11日のAFP通信の記事によりますと、インドネシアでジフテリア感染による死亡者数が今年32人に達したそうです。 インドネシアでのジフテリア感染は稀なことですが、今回の事態を受け、インドネシア当局は感染拡大防止のため、約800万人の児童に対しジフテリアの予防接種を行う事を発表、12月11日より首都ジャカルタを含む3州で開始しているとの事です。 今回の要因として、市民への予防接種に関する情報提供...

続きを読む

バングラデシュにおけるジフテリア感染(Diphtheria is spreading in Bangladesh)

バングラデシュでジフテリアが急速に蔓延しています。ジフテリアが蔓延している地域はコックスバザールという地域で、現在ミャンマーでの武力衝突から逃れているロヒンギャ難民が避難している仮設キャンプがある地域です。 ジフテリアが蔓延している原因として、ロヒンギャ難民の予防接種率が低いため感染症に対して脆弱であることがあげられています。その結果ジフテリアだけでなく、コレラ、麻疹、風疹などが拡大する可能性が現...

続きを読む

1 2 3 4 5

カテゴリー