I.H.C. クリニック

ブログ

HPV(ヒトパピローマウイルス)

BBC ニュースとCNNニュースの記事によりますと、Cochraneレポートが女性、特に15歳から26歳の女性に対しHPVワクチンが子宮頸がんの予防に効果的であると報告しています。

ヒトパピローマウイルス(HPV)子宮頸がんの原因のウィルスで、子宮頸がんは女性がなるがんの中で4番目に多いがんです。子宮頸がんの原因となるウィルスはHPV16とHPV18で、世界の子宮頸がん全体の7割を占めます。子宮頸がん予防のワクチンは2種類あり、一つはCervarixでHPV16とHPV18の2つに対して効果があるワクチンです。もう一つはGardasilで、このワクチンはHPV16とHPV18だけでなくHPV6とHPV 11(共に尖圭コンジローマの原因)にも効果があります。HPVワクチンはWHOで9歳から14歳の男子、女子に推奨しており、アメリカやイギリスでWHOに近いルールでHPVワクチン接種を行っています。

今回のレポートでは、以下の内容が発表されています。

1.HPVワクチンの接種前で子宮頸がんの検査結果が-(ネガティブ)だった15~25歳の女性の場合、1万人のワクチンを接種していない人に対し、子宮頸がんの発症は164件。

2.15歳から25歳の女性に対し、前ガン状態になる方は1万人の女性に対し559から391人に減少。

3.15歳から25歳の女性に対し、HPV16とHPV18の子宮頸がんの前ガン状態になる方は1万人の方に対し341から157人に減少。

4.25歳から45歳の女性の場合、HPV16とHPV18の子宮頸がんの前ガン状態になる方は1万人の方に対し145から107人に減少。

最後にHPVワクチンの副作用に関してですが、発作を起こしたりする可能性がありますが、多くの場合接種後に腕が腫れるなどの軽いものが主で、今回のレポートでも70000人以上の女性を対象に調べたところ、重い副作用はないとの事でした。

もし、HPVワクチンの接種をご希望でしたら、当クリニックにご連絡ください。

 

According to BBC and CNN NEWS, a new Cochrane Report finds HPV vaccine protect against cervical cancer in young women, especially when the women vaccinated between the age 15 and 26.

The human papillomavirus (HPV) infection will persist and lead to cervical cancer.  Cervical is the the fourth most frequent cancer in women in the world, and only some types of HPV raise a woman’s risk for developing a cancer; HPV 16 and HPV 18 are 70% of all cases of cervical cancer worldwide.  There are two common HPV vaccines.  One is Cervarix that targets HPV 16 and HPV 18 only.  The other is Gardasil that targets HPV 16 and HPV 18 plus two HPV virus (HPV 6 and HPV 11) that cause genital warts. The World Health Organization(WHO) recommends recommends HPV vaccination for both girls and boys between the ages of 9 and 14, and some countries such as United States and United Kingdom etc have similar guideline as WHO.

From the report, they find

1. In women between the ages of 15 and 25 who tested negative for HPV before receiving the vaccine, the risk of precancer associated with HPV16 or HPV 18 was 164 for every 10,000 unvaccinated women.

2. HPV inoculation also reduced the risk of any precancer from 559 to 391 per 10,000 in women between the ages of 15 and 25.

3.Among the same age women, who tested either positive or negative for HPV, the vaccines reduced their risk of cervical precancer associated with HPV16 or HPV 18 from 341 to 157 for every 10,000 women.

4. In older women who are between the ages 25 and 45, the risk of precancer associated with HPV16 and HPV18 dwindled from 145 to 107 for every 10,000 women.

Despite claims and reports that the vaccine causes several side effects such as neurological issues including seizures and swollen arms.  The report’s authors, who examined evidence from 26 previously published studies of more than 70,000 women, also found no serious side effect risks associated with the vaccines.

 

参考記事

BBC NEWS

http://www.bbc.com/news/health-44037863

CNN NEWS

https://edition.cnn.com/2018/05/08/health/hpv-vaccines-cervical-cancer-review/index.html

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー