I.H.C. クリニック

ブログ

連休中に海外旅行に行かれる方

明日4月28日より連休に入ります。5月1日、2日に有給休暇を取られると最大9日間の休みとなります。この期間、海外へ旅行に行かれる方も多いと思います。海外旅行中にトラブルに巻き込まれないよう、幾つか情報を提供できればと思います。

海外旅行保険

最初に保険に関して。海外に旅行に行かれる方は、必ず保険に加入されることをお勧めします。海外旅行保険には様々な保険会社からいろいろな種類の保険が販売されていますが、ここで注目する項目は治療・救援費用です。こちらの項目を見てみると、1000万円、5000万円、又は無制限と表示されていると思いますが、私共は治療・救援費用無制限の海外旅行保険の購入をお勧めいたします。治療費・救援費用無制限の保険料金は制限のあるものと比較すると料金が高いのですが、海外旅行中に病気やけがをされた場合の事を考えると治療費の事を心配せずに治療を受ける事が可能です。また、旅行中に渡航先の病院に入院した方が医師や看護師の付き添いで帰国したい場合でも保険より医療搬送の費用が支払われます。実際、当クリニックで相談を受けるないようで多いものは、「現地病院の入院費・治療費が高額である為支払う事が出来ない」や「現地病院の入院・治療費が高いので、早く日本に戻って治療を続けたい」などです。このような状況を避けるためにも、海外旅行保険は治療費・救援費用が無制限の物を選ぶのが良いと思います。

海外療養費還付請求

もし、保険に加入せずに海外に行かれ治療を受けた場合、海外療養費還付請求を受ける事が可能な場合があります。この制度を受けるには、まず治療を受けた方が国民健康保険や社会保険に加入していることが前提となります。次に申請を行う際の必要書類は、領収書と診断書の原本、領収書と診断書が日本語以外で記載されている場合、日本語に訳したもの、申請書類A,Bとなります。申請先は国民健康保険の場合はお住いの市・区役所、社会保険や共済保険等の場合は保険証に記載されている場所が提出先となります。申請される場合は、市区役所などの提出先に確認する事をお勧めいたします。

医療搬送・エスコート

最後に、もし渡航先で治療を受けたり入院してしまい、帰国する際に医師や看護師の付き添いが必要な場合、エスコートや医療搬送を行う事が可能です。エスコートや医療搬送を行う場合、最初にお手持ちの海外旅行保険の窓口にお問い合わせください。保険会社より保険の適用か否かを教えて頂けます。もし保険適用でもこれらのサービスの料金が知りたい場合や保険適用外でもこれらのサービスを利用されたい方は、私共のように医療搬送やエスコートを行っている所に連絡をして見積もりを見てから選ばれたほうが良いと思います。

もし何かご質問等が御座いましたら、当クリニックのホームページ(http://ihc-clinic.jp/)又は電話(03-3501-1330)やFAX(03-3501-1331)でお問い合わせください。

皆様お体に気を付けて楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい。

カテゴリー