I.H.C. クリニック

ブログ

ブラジルでの黄熱感染拡大に関して(Yellow fever outbreak in Brazil)

ブラジル政府が黄熱に対しての警報を発令しました。

BBCCNNニュースによりますと、

201712月以来、15名の方が黄熱によりお亡くなりになられました。いくつかのブラジルの州では、黄熱の感染拡大の為、ワクチン不足が起こっています。

黄熱は黄熱のウィルスを持っているかに刺されることによって感染する病気で、発熱、筋肉や背部の痛み、頭痛、寒気、食欲低下、吐気や嘔吐などの症状が現れます。しかし、これらの症状で黄熱と判断するのは難しく、しばしば他の病気や風邪と診断されることがあります。もし黄熱の感染者が重症になると10日から1週間ほどでお亡くなりになります。WHOはブラジルに渡航される方、特にサンパウロに行かれる方は、出発10日前までに予防接種を受ける様伝えています。

アメリカのCDCはこの状況に対し、サンパウロ州だけでなくリオデジャネイロ、サント州、バイーア州も黄熱感染の危険地域として注意を促しています。

黄熱の予防法として長袖、長ズボンの着用や虫よけスプレーの使用が推奨されています。

詳しい情報は、下記にリンクを張りましたの語確認ください。

 

Brazil declares yellow fever emergency.  According to BBC NEWS and CNN NEWS, At least 15 people have died cause of yellow fever since December.  Some states in Brazil run out vaccines because of outbreak.

Yellow fever is transmitted to human by mosquitoes.  Fever, muscle and back pain, headache, shivers, loss of appetite, and nausea or vomiting show as symptoms of yellow fever, but it is difficult to diagnosed and often confused with other diseases such as fever.  If people are in toxic phase of yellow fever, half of people who are in the phase died within 10 to 14 days. The WHO advised travelers who have plan to go to Brazil especially Sao Paulo to get vaccination at least 10 days before traveling.

In the case of United States, US Embassy and Center for Disease Control and Prevention issued health alert not only Sao Paulo but also Rio de Janeiro and Brazilian States of Santo and Bahia.

For protecting from Yellow fever, wearing long sleeve shirt and pants and using an insect repellent are recommended.

 

For more information, please check web sites below.

 

 参考文献

BBC NEWS

http://www.bbc.com/news/world-latin-america-42763471

CNN NEWS

https://edition.cnn.com/2018/01/25/health/brazil-yellow-fever-outbreak/index.html

厚生労働省検疫所(FORTH

http://www.forth.go.jp/topics/2018/01241443.html

外務省海外安全ホームページ(MOFA

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C007.html

カテゴリー