I.H.C. クリニック

ブログ

フィリピンで予防接種の接種率が低下(A big drop in immunisation rates in Philippine)

BBCニュースの記事によりますと、フィリピンの政府関係者はデング熱の予防接種への恐怖心で予防接種の接種率が下がり、予防可能な病気にかかってしまうリスクが高くなっていると話しています。  蚊に刺されることによって発症するデング熱は、毎年、世界中で4億人が罹患しています。フランスの製薬会社SanofiはDengvaxiaというデング熱の予防接種を最初に開発した会社ですが、今までにデング熱に罹患していない人がこの予防接種を打つと症状が悪化する場合があると注意を促していました。
フィリピンでは、80万人の子供たちがこの予防接種を摂取、その内14名の方が亡くなられています。 この報告を受け、Philippine General Hospitalが調査を実施、結果報告では、このワクチンと14名の死亡には因果関係が見つからなかったそうです。
現在、Sanofiは、デング熱に感染していない患者にDengvaxiaを接種した場合、死亡する場合がある事を公開し、WHOは過去にデング熱に罹患していない人は予防接種を行はない様推奨しています。このような結果を踏まえ、フィリピンでは、デング熱以外の予防接種も接種しない方が増え、予防できる疾患に関しても予防出来なくなる恐れがあると危惧しています。

“Fears over a dengue vaccine in the Philippines have led to a big drop in immunisation rates for preventable diseases, officials have warned.” BBC News Reported.
The mosquito-born disease, Deng Fever affects over 400 million people each year around the world. French company Sanofi is the first company to produce the vaccine called Dengvaxia against Dengue fever. However, the company warned that the vaccine could make the disease worse in some people not infected before.
In Philippine, more than 800,000 children were vaccinated for Dengue Fever and 14 children have died. The report from Philippine General Hospital, there are no evidence between Vaccine and death of children.
According to BBC NEWS, Sanofi announced that its vaccine could worsen the potentially deadly disease in people not previously infected. WHO recommend that vaccination only individuals with a documented past dengue infection.

参考文献

 BBC NEWS

http://www.bbc.com/news/world-asia-42929255

カテゴリー